サンレイクの家づくりSunlake's House

リフォームや建替えで
悩んでいませんか?

サンレイク住宅販売株式会社は、土地の開発・分譲・注文建築・仲介など、不動産売買に関する業務を行っております。
売りたい・買いたい方はお気軽にご相談下さい。もちろん、お見積りは無料!!売物件も募集中!

当社分譲地例

新築事業

サンレイクの家づくり

地盤調査・改良

  • 地盤調査

  • 地盤改良 乾式

  • 地盤改良 完了

建物を建てる際に必要な地盤の性質・強度を調査し、地盤に応じた基礎を作るため地盤に応じた改良を行う。

べた基礎

  • 基礎 配筋

  • 基礎 立ち上り

床下全面に強固な鉄筋入りのコンクリート盤を打設する方法。布基礎と比べ基礎底面の面積が大きいので、荷重を分散させ地盤やスラブに伝えることができ、不同沈下に対する耐久性や耐震性を増すことが可能。床下全面が鉄筋コンクリートになるので防湿対策・シロアリ被害の防止にもなる。

パッキング工法

キソパッキング工法とは「キソパッキング」を基礎と土台の間に一定間隔で敷き込んで建物外部の全周にスリット(隙間)をつくり「床下の換気」を行う工法。キソパッキングの強さはコンクリートの1.5倍!

特徴と効果

【通気性】
ムラのない換気で床下の湿気をなくし、蟻害や腐朽菌の寄生を未然に防ぎ、土台を守る。
【安全性】
住宅の大切な基礎部分を傷めることなく、建物外部の全周に換気口を取ることができる。
【排湿性】
コンクリート基礎と土台が接触しないため、土台が腐る原因となるコンクリートからの水湿分を遮断することができ、土台の腐敗を防ぐ。
【耐震性】
建築基準法が定める安全性のおよそ3倍を保有していることが公的審査により実証済。

在来工法

縦軸材=柱と横軸材=梁で建物を支える構造。それに補助となる筋違や構造用合板で構成され、木材と木材の接合部を継手・仕口を使って補強する方法。

【メリット】
二本では技術者や生産量が多いことでコストも安くつきます。また、壁で支える構造でないため、プラン(間取りや建物の形)の自由度が高くなります。

柱(金物)

二重壁工法

サンレイクでは、さらに二重壁工法を採用しています。二重壁工法とは、耐力壁に構造用耐力材面9mmを全面貼りします。建物を面で支えることによって、耐震性を高めます。
また燃えにくい無機質原料なので、木質系画材よりも優れた防火性を有し地震や災害に強い、安心・安全で強靭な住まいを造ることができます。

さらに! サンレイクでは、全室Low-E複層ガラスを使用。TOSTEMのディオPGは内塗装と接するアングル部樹脂を採用しているので湿度差により発生する結露を抑え、住宅の長寿命に貢献します。

通気工法

「通気工法住宅」とは・・・これまでの高断熱・高機密では得られない、気密性と通気性という相対する性能を持つ家です。

  • POINT1断熱効果

    自然換気が行われる

  • POINT2排湿効果

    湿気を外気に放出させ、壁体内の結露を防止

  • POINT3止水効果

    外壁の耐久性・防水性を高める

    • 防水シート

  • POINT4遮熱効果

    通気層の通風によって遮熱効果が得られる

    • 断熱材

保証

地盤保証
住宅の不同沈下した場合に対して10年間の保証が付きます。
瑕疵保証
構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対して10年間の保証が付きます。具体的には柱・基礎・屋根などです。
ページの先頭へ